20 7月

まだ、簡単そうです

専業主婦をなくしてしまいましたが、ここではないでしょうか。経済が落ち込んでいるのはです。家庭は、いつも誰もいない状況が続いています。出かけるのは日曜日、どこもかしこもごった返しています。昭和的です。昭和もこのようだったのです、群がる時代です。こうなると、大都市だけは、平日、外国の観光客が埋め尽くすのです。日本人は、本当に、日本を好きなのかと思ってしまいます。もっと、地方に仕事をもっていかないといけません。強化ガラスのような物は、高いでしょうが、竜巻にも耐えられるのでしょうか。強化ガラスのサンルームで、野菜を育てて、輸出です。そこから、働き手を作るのがいいです。だって、介護といったって、難しそうですから。野菜つくりのほうが、やりやすいイメージです。そこに投資してくだある方がいるといいです。働きたい人は大勢います。天候に左右されないところもいいのです。ここまで技術革新があるのですから、できないはずはないのです。ロボットだけでなく、箱のほうも、胎児です。ひとも、興味がある分野です。太陽光も使って、そんなところができると、投資信託や株も盛り上がるはずです。すぐに、流行を受け入れるのがいいとこですから。
わきが塗り薬